薬剤課

調剤業務

調剤室は、1階A棟エレベーター横にあり、主に入院患者様のお薬を調剤しています。
各病棟で処方を入力すると同時に、調剤室で処方せんが発行される仕組みになっています。薬剤師は、発行された処方せんに記載の薬品名、日数、用法用量、飲み合わせ等を確認し、疑問点があれば医師に問い合わせの上、調剤します。
錠剤・カプセル剤は全て自動錠剤分包機で服用毎に1包化し、飲み間違いや飲み忘れを防ぐようにしています。
また、患者様の情報を元に、飲みやすい剤形に変更することを医師に提案したり、簡易懸濁法を取り入れるなど個々の患者様にあった調剤を行っています。
調剤支援システムを活用し、安全で正確かつ効率的にお薬を渡せるよう努めています。

  • 調剤業務
  • 散薬分包機
  • 自動錠剤分包機

薬品管理

薬品管理とは、薬品の購入と薬品の品質および在庫管理を行うことです。
採用薬品の選択から品質が保障された薬品の購入、また、それらが円滑に供給出来るよう、常に適切な薬品管理に努めています。

医薬品情報の提供

薬を安全かつ効果的に使用するために、医薬品情報を収集、整理、評価し、医療スタッフに提供しています。
また、薬剤課からは毎月「あおばDIだより」を刊行し、薬品に関する最新ニュースなど様々な情報を院内に発信しています。

薬剤管理指導業務

服薬指導

薬剤師が入院患者様のベッドサイドに伺い、薬の効果・飲み方・副作用・相互作用・注意事項などについて説明をしています。
直接お話しすることで、副作用の早期発見ができ、また、患者様の薬に対する不安感や疑問点を解消し、安心して薬物療法に参加して頂ける様お手伝いしています。

チーム医療への参加

服薬教室での指導、感染対策、医療安全管理の推進など、安全で質の高い医療が提供出来るように、チーム医療の一員として積極的に取り組んでいます。