[Saluti et solatio aegrorum] 病める人々を医やすばかりでなく、慰めるために
  • トップページ
  • 基本理念
  • 理事長ご挨拶
  • 沿革
  • 関連施設
  • 恒昭会 看護師募集ページ

理事長ご挨拶

理事長 画像

医療法人恒昭会は1965(昭和40年)に、大阪府茨木市の現在の地で、精神科病院として出発しました。 その後、精神疾患を持つ患者さまのために、内科、外科等一般科や歯科の充実を図るとともに、高齢者医療にも力を入れてまいりました。

そして社会の変化に対応すべく組織再編を行い、現在恒昭会は、藍野病院、藍野花園病院、青葉丘病院、アイノクリニック、 うめだ訪問看護ステーション、あおば訪問看護ステーション、あおばケアプランセンターなどの施設を管理運営しております。
各施設にそれぞれ特徴はありますが、その根底をなすのは、“病める人々を医やすばかりでなく慰めるために”の理念です。
恒昭会の出発点であるこころの医療のみならず、身体疾患をも含めた全人的医療が、我々の目標とする医療であります。

また、学校法人藍野学院と協力連携し、看護やリハビリテーション等の医療従事者の養成と医療技術の向上、研究も行っています。 福祉面では、社会福祉法人藍野福祉会と連携しております。これからもこれまでに培われてきた経験を生かし、患者様中心のチーム医療を 実践するとともに、地域医療のニーズに応えるべく精進していく事で、社会の一員としての役割を果たしていきたいと考えております。