先輩紹介

W1病棟

吉村 彩

看護師を目指したのは
「人の役に立ちたい。」という気持ち

高校生の頃、何か人の役に立てる仕事に就きたいという漠然とした思いを持っていた私に、叔母と母が看護師を勧めてくれたことが、目指すきっかけとなりました。そして、入学した藍野大学の実習で藍野病院にお世話になり、病棟やスタッフの雰囲気が良かったので入職を決めました。新人研修では、働くことへの基礎やこれまで学んできたことを入念に再確認するので、しっかりとした知識を得ることができましたね。今後は認知症のケア専門士や認定看護師の資格取得を目標に、どんなときでも患者さんの前では、笑顔でいられる看護師になりたいです。

E3病棟

石原 泉

成長を実感しながら、患者さんにとって
オンリーワンの看護師に

何か資格が必要な職業に就きたいと考えていた高校生の時に、看護師について興味を持ち、調べる内にやりがいのある職業であることがわかり目指すようになりました。藍野病院に入職したのは、実習でお世話になった時、優しく指導してくれたことがここで働きたいという気持ちを強くしてくれましたね。寝たきりの患者さんの皮膚トラブルの予防や、話すことのできない患者さんに対するケアなど、難しいこともありますが、「ありがとう」の言葉がいつも心を和ませてくれます。日々成長を実感しながら、たくさんのことを経験し、自分なりの理想の看護を提供していくことを目標にしています。

W2病棟

上村 忍

「あんたでよかった」、
患者さんからの感謝の言葉が糧になる

看護師を目指したのは、身近にいた看護師の存在です。その人の職場に行き、患者さんに看護しているその姿を目の当たりにし、人のためにできる仕事をしている姿がとても格好良く見え、看護師を目指しました。藍野病院に入職したきっかけは、結婚後でも家事と仕事を両立できる病院を探していた私に、以前の上司が紹介してくれたから。ママさんナースも数多く活躍していることもあり、とても魅力を感じました。現在の目標は、認知症の患者さんが安心して看護を受けることができるよう、その実際を知り、ケアの方法などを勉強すること。患者さんの感謝の言葉を糧にしながら、子育てと仕事が両立できる、自分に厳しく他人に優しい看護師を目指して仕事しています。