先輩紹介

32病棟

戸高 祐貴

患者さん目線で物事をとらえ、
寄り添える看護を実践していきたい

私は中学2年生の時に祖母を亡くしたのですが、入院が多く不安を抱えた家族に対して気遣いをしている看護師の仕事にとても惹かれ、私もなりたいと思うようになりました。藍野花園病院を選んだきっかけは、奨学金制度が整っていたことで進学を決意し、その後就職しました。子供がいても続けられる点も魅力です。たったひと声を掛けることで患者さんの対応や反応が変わることに難しさを感じていますが、状態が良くなって退院されていく姿を見ると、とても嬉しくなりますね。急性期病棟から精神科へと異動する中で、色々な経験を積み、自分の知識を生かしながら精神科での学びをより深めていきたいと考えるようになりました。患者さん一人ひとりに合わせたプランを立てて寄り添える看護を実践し、スタッフにリーダーシップを発揮していける看護師になっていきたいと思っています。

33病棟

安田 彩花

技術だけでなく、患者さんと
接する時間を大切にしたい

私は母が看護師だったことや祖母の疾患に対する手助け、そして自分自身が幼い頃に入院した時に見た看護師さんの姿が、この仕事を目指すきっかけになったと思います。藍野花園病院を選んだきっかけは、実習の時にとても優しく教えてもらったことや、精神科の患者さんと接することで得られる学びに魅力を感じたことです。言葉に敏感な患者さんへの言葉遣いやタイミングなど、まだまだ難しいこともありますが、患者さんからの感謝の言葉でやりがいを実感できます。今後は、処置などの技術面だけなく、患者さんと接する時間を大切にし、良い信頼関係を築けるようにしていきたいですね。

34病棟

杉本 麻紀

決定的な答えのない中、
試行錯誤しながら日々学んでいます

高校3年生になるまで違う職業を目指していましたが、両親と同じ看護師を目指したいと思うようになりました。それは小学生の頃、骨折している人を助ける両親の姿を見て、尊敬し、憧れたことがきっかけになったと思います。藍野花園病院へは、スタッフ同士や患者さんとの関係性が良く、楽しく仕事ができ、子育てしながらも働きやすい環境だと感じて入職しました。同期のメンバーと共に学んだ新人研修では、先輩方の経験談が聞けたりするなど、そこで学んだ知識や経験は自信につながりました。一度、患者さんの食事摂取状態が悪かったので何とかしたいと思い、形状や主治医に薬の調整を頼んだりと試行錯誤したところ、言葉を発しなかった患者さんが私に話しをして、笑顔を見せてくれたんです。とても嬉しかったことを覚えています。精神看護について学ぶことはまだまだありますが、患者さんの気持ちを察し、その気持ちに対して良い関わりができるようにしていくこと。それが私の目標です。

54A病棟

山下 美千代

患者さんやスタッフから
信頼される医療技術者になる

私は小さい頃、年齢を重ねるに連れ何度も入院する祖父母に付き添いよく病院を訪れていました。そんな時、使命感を持ち、生き生きと働く看護師の仕事を見て、病気と戦う人たちの支えになりたいと思い看護師を目指しました。藍野花園病院へは、夫の勧めときれいで落ち着いた雰囲気が気に入って入職しました。仕事をする中で様々なケースに対応し、挫折しながらも自分を鼓舞し、リーダーの仕事もこなせるようになりました。患者さんの退院されていく姿を見る喜びのために、医療チームの一員として、常にゆとりを持って、患者さんやスタッフからも信頼される医療技術者を目指していきたいと思います。

52B病棟

和田 嗣子

患者さんの人柄を理解して、
一番の味方になりたい

看護師を目指したのは、身内に医療従事者が多く身近に感じられる仕事であったことと、看護師の態度や一言で患者さんや家族を安心させ、勇気づける点に惹かれ私も人の役に立ちたいと思ったからです。その後短大、専攻科へと奨学金制度を利用して進学し、卒業後藍野花園病院へ入職しました。新人研修は親身で熱心な先輩方の指導もあり、毎回濃い内容を学ぶことができましたね。結婚・出産を経て、育休復帰後は仕事と育児の両立に不安でしたが、師長さんだけでなく温かいスタッフからのサポートで安心して両立することができています。患者さんとの距離の取り方が難しいことはありますが、他職種と連携して一人の患者さんのサポートができ、患者さんと向き合うことでやりがいを感じています。これからも患者さんをよく知ることで一番の味方になり、その家族にとっても温かい看護師になりたいです。