ホーム リソースナースの紹介

リソースナースの紹介

認知症看護認定看護師

山田 太郎

藍野病院

福岡 裕行

認知症看護の学びを支援してもらえる
院内環境のおかげで認定看護師の資格を
取得でき、活動内容が広がりました。

自分なりに認知症看護を学習し実践していましたが、上手くいかなくて悩むことやわからないことが多くありました。そこで、これらの問題を解決するために、もう一度認知症看護を基礎から学びたいと考え、認定看護師を目指しました。取得後は、院内外で勉強会や講義、認知症サポーター養成講座を実施したり、医師や看護師からの依頼を受け、質の高い看護を提供することを目的に病棟のカンファレンスに参加。また、「あいの認知症プロジェクト」や「認知症施策総合推進事業」を具体化するために各ワーキンググループにも参加しています。

私の役割は、藍野病院に入院されている方が質の高い看護を受けることができるよう、常に新しい情報をキャッチして院内の看護師と共有していくこと。認定看護師になることにより、さまざまなスペシャリストとの協働はもちろんのこと、地域で活動するケアマネージャーさんや訪問看護師さんなどと連携できる環境が整っていて、看護師の役割の広さを実感できました。研修期間中は多くの方のご理解・ご支援をいただいたので、今後は院内外の社会的使命を担っていくつもりです。

認知症の方が過ごす環境を整えることができた時、疾患により隠されていた力が発揮されるところが見えたり、英知を享受されることもしばしば。「認知症になったら何もできない」は間違っていることを実感した時にやりがいを感じます。しかし、病院の機能を維持しながら認知症の方の居心地を考えた環境を作っていくことは至難の技です。認知症をもつ人を一人の“人”として尊重し,その人の視点や立場に立って理解し,ケアを行おうとする「パーソン・センタード・ケア」の考えを取り入れた環境支援を常に模索しています。